医師求人を眺めてみた所

大学時代の仲間と比較したら給料が少ない

大学時代の仲間と比較したら給料が少ない自分の医師としての価値は図るため情報収集半年後に声を掛けてくれた病院がありました

医師として働いていて特に不満はありませんでしたが、満足していることもありませんでした。
自分の仕事を淡々と行っているとだけ考えていて、特別何かを望むようなことはなかったのです。
仕事は大変ですがそれに見合った十分な報酬もありましたから、職業としては悪いものではないと考えていました。
それだけに特別転職を考えたりしたことはなかったのですが、大学時代の仲間とあって話してみたところ、周りは結構自分よりも良い給料をもらっていることがわかって、そこで少し今の自分について見直すことになったのです。
収入的には不満はありませんでしたが、それが普通よりも少ないものでしたら面白いわけがありません。

収入はその人の仕事の評価値のようなものですから、同じ仕事をしていて周りよりも低いということはそれだけ評価をされていないということになります。
もちろん、病院の経営状況によっても変わってきますから、僻地にあって存続が厳しい所だと給料も少ないのはわかります。
そのような場所であれば別のところでやりがいを見出すことになりますから、それはそれで医師として素晴らしいことだと感じます。

医師 求人 : 医師求人転職